【Jリーグ開幕】「DAZN」には、せめて「パ・リーグTV」ぐらいのクオリティを…(^_^;)

スポンサーリンク

By: Ryan

【Jリーグ】ダ・ゾーン配信“開幕”…大トラブルなしも映像止まり一部サポから不満も(スポーツ報知)

まあねー、スカパーも時折カクカクになったり、外が大嵐の日に電波が入らなくなったことはありましたけど、今度のDAZNはオンデマンドですしね…。放送する側も見る側も慣れるのが大変そうですわ。

明治安田生命J1リーグが25日開幕し、各地で8試合が行われた。この日はJリーグ中継がインターネット・ストリーミング配信サービス「ダ・ゾーン(DAZN)」に代わった初日。サーバー負荷などが心配された。全試合の全面的な配信ストップなどのトラブルはなく無難なスタートだったが、一部では「映像が止まった」などの声も相次いだ。一方、試合前のロッカールーム映像や、試合終了直後にピッチ上にカメラが入って選手の表情をとらえた試みには高い評価が上がっていた。

 「ダ・ゾーン」でJリーグを視聴するにはスマホやパソコンのほか、テレビで視聴するにはスマホやPCをHDMIケーブルで接続または「Amazon Fire TV」「Amazon Fire TV Stick」などを利用する必要がある。

 映像はこれまでは電波状況に影響されるため豪雨時に映らないことがあったが、鮮明さには大きな差がなかった。ところが今回のストリーミング配信では、回線状況や機器の処理能力に左右されるため、鮮明に見られる場合もあれば「画質が落ちる」「カクカクする」といった声もTwitter上などで見られた。

スポンサーリンク

まあスカパーに比べれば当然「安かろう悪かろう」も(汗)

確か去年末まで、スカパーではJリーグパックで月4000円ぐらい払ってましたわ(レンタルチューナー代込みで)。Jリーグがだいたい週一、多くて週2程度なんで一試合あたりで考えると「うーん、高いなー」って感じでしたけど、J1とJ2の試合をいろいろと見れましたしね。特に新聞にはスコアと順位しか載らないようなJ2のチームに馴染むのには最高でした(壮絶な打ち合いとか、J1顔負けのナイスゲームとかも少なくないですし)。2009年から甲府をメインに応援しはじめたのもそもそもスカパーで毎試合見れるようになったからでした(それまでは浦和をメインに応援してました。NHK-BSとかBS-TBSとかテレ玉の中継を見てましたね)。この年は3位までが自動昇格で、その3位を湘南と甲府が最終節直前まで競り合ってたおもしろい年だったんですね。で、甲府はその年4位で終わって翌年2010年に2位で自動昇格することになるわけですが…。

…で、DAZNがスカパーよりもかなり安いんで「まあたぶん、オンデマンドだし、最初は慣れないしで、止まることもたびたびあるんだろうな」とは思ってましたがこんな新聞記事にまでなるとは。ちなみに私は今日の午後は入院しているおじいちゃんの御見舞に行ってたので全く見てませんでした。というよりもDAZNとまだ契約してないし(爆)。ドコモ割で申し込めるようになったんで早くやりたいんすけどね…。

「パ・リーグTV」も結構カクカクしたり止まったり…。

我が家では千葉ロッテ戦はサッカーよりも一足先に(?)オンデマンド中継を見るようになりまして、シーズン中は「バリーグTV」を愛用しています。こちらは、パ・リーグ各チームのファンクラブに入っていると1450円→950円(共に税別ですが)になるんで、それをきっかけに昨年、千葉ロッテのファンクラブに入っちゃったんスけどね、私(苦笑)。

こちらにも書いたんですが、この500円引きの分を仮に4→10月の7ヶ月分としておおよそ3500円分割り引かれて、更に平日限定の指定席券2枚+自由席券2枚+レプリカユニがついてくるんで、一番高い10800円の会員になったんですが「あ。すぐに元取れる勢いじゃん」と。昨年は指定席券を使って9月に2試合行こうとしたら1試合は大雨で中止、もう1試合は18時半開始の上にロッテの五右衛門(石川歩)と西武の菊池雄星の投手戦で延長戦に入ってしまい、22時の時点で試合が終わらずに途中で帰る羽目になってしまったんで…今年はシーズン序盤に使いたいと思います、ええ(泣)。

で、話を戻すと、やはりオンデマンドの「パ・リーグTV」も時折カクカクしますし、ちょいちょい止まったりもしますね。こちらの放送は基本的にはCSないしBS(11chや12chで放送してる事が多いです)の放送をそのまま流してるそうで、それを除けばまあすぐにスコア確認もできるし、実況と解説の人がそれぞれプロなので見ていて安心って感じでしたね。勿論、千葉ロッテといえば千葉テレビ(東京西部の我が家でも見られます)のマリーンズナイターの解説・倉持明氏の「負けてる時のぼやきと、半ばヤケクソで昔ばなしに花が咲く」のも捨てがたいんですがw

もし止まったりしたら、DAZN側の問題なのか我が家の問題なのか…。

で、記事の続きとしては、

 「DAZN」のヘルプ・ツイッターアカウントは「現在繋がりにくい状況が続いております。現在復旧に向けて改善に努めております。ご視聴をお楽しみのところ大変申し訳ございません。今しばらくお待ちください。」「ご視聴をお楽しみのところご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。少しでも早く快適なご視聴がいただけるよう改善に努めさせていただいております。重ねてお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません」と謝罪のツイートも発信した。

 ストリーミング配信の特徴として、実際よりも数十秒から数分のタイムラグが発生してしまう。そのためTwitterなどで情報発信&収集しながら視聴していると、映像が流れてくるよりも先に得点経過を知ってしまう“ネタバレ”に驚く声も多く見られた。

 電源スイッチを入れてチャンネルを合わせるだけのテレビとは異なり、ストリーミング配信の特徴を理解した上で最適な機器設定を行うには、多少のITスキルも必要と思われる。「パソコンはよくわからない」という層や高齢者には、正直ハードルが高い。さらにスマホ視聴の場合、相当なパケットを消費するため“パケ死”する場面も想定される。

 また安定した配信のため「ダ・ゾーン」を運営するパフォーム社も、場合によってはサーバー増強やCDNの帯域を広げるなどの対応を迫られる可能性もある。

 サポーターは長年「スカパー!」で安定して見られる環境だった。それが今回、映像が止まった場合、配信元(パフォーム社側)の問題なのか、受信者側(端末、通信環境)なのか、即座に切り分けが難しい。それだけに「有料サービスで止まるのは許さない」などと強硬な声も目に付く。ストリーミング配信に慣れるまで、今後もしばらくは様々な意見が相次ぎそうだ。

 Jリーグは昨年までは「スカパー!」が独占放映権を握っていたが、「ダ・ゾーン」を運営する英パフォームグループが10年2100億円という巨額契約を結んだ。

え、通常のパソコン機器以上の「スキル」も求められるの??

うちはインターネットのプロバイダーとして地元のケーブルテレビのインターネットサービスを使ってます。多摩ケーブルネットワークという青梅市に本社がある会社のとこです。我が家(元々は嫁の実家)は、すぐ近くに米軍の横田基地があってもともとテレビの電波障害が甚だしいエリアだったらしくアナログ放送の頃に無料でチャンネルが見られるサービスからCSとかも見られる有料サービスのに切り替えたんだそうです。その結果、今では嫁一家は大の巨人ファンなんでシーズン中は晩飯中、ずーっとG+をつけっぱなしですし。数年前にそのケーブルテレビの会社からセールスマンが来たらしく、フレッツ光からプロバイダーを切り替えたんだそうです。ケーブルテレビ会社氏いわく「携帯はauですか?だったら携帯代も安くなりますよ」と。どうもau系列らしいんですね。当時はうちら夫婦も10年ほどauを使ってましたが、数年前にMNPを使ってみたくてスマホ購入と同時にNTTドコモに切り替えちゃって(をい)。

うーん、新しい無線LANのルーターでも買おうかな…。

で、家には無線LANのルーターに繋いでますので、夫婦それぞれのパソコンは無線LANでネットをやってます。それと私は自宅に居る時はiPhoneはwi-fiでこの無線LANを使ってます。やっぱし早いんスよね、速度が。さすがにiPhoneで動画や映像を見る気にはなれませんけど。

一応調べたら、下りは43Mbps、上りは2Mbpsということらしいです(最近、更に早いコースができたらしいんですけど…250Mbpsみたいなのが)。パ・リーグtvも時折カクカクしたり止まる事はありますが、おおむね試合観戦には問題ないレベルなんで、たぶん大丈夫だとは思いますが…まあとりあえずシーズン序盤はDAZN使ってみて、「これはきついなー」と思ったら、ケーブルテレビのコースを替えたり、もうちょっと新しい無線LANのルーターを買うなりってのを検討しようかなあと考えてます。

でもまあ3ヶ月ぐらい前までスカパーで見てた人達からすれば「俺達が頼んでスカパーからDAZNに変わったわけじゃねえし」とか「安いのはいいんだけどさー」って気持ちはわかりますわ、痛いほど。まあ願わくば、スカパー時代よりも地上波やローカル局での中継をなるべく廉価でやらせてくれるようなDAZNさんの寛容さにもちょっと期待させてもらいますわ…とはいえ、私自身贔屓にしてるのがヴァンフォーレ甲府なんで都内の地上波やBS局で見るチャンスは滅多にないんだろうけど(号泣)。

最近、行く先々のネットカフェでパ・リーグTVが導入されている。

そういえばこれは余談なんですが、時折時間調整や新刊の雑誌が読みたくて立ち寄るJR青梅線沿線の、羽村や昭島、立川などのネットカフェ5-6軒ぐらいに、ことごとく「バリーグTV」が導入されている(というポスターをやたらと見かける)のにはびっくりしましたわ。いったい何があったんだろう…と思って調べみたら、

開幕からCSまで、全国のネットカフェでパ・リーグの試合が視聴できる!?(Full-Count、2016年9月26日付)

あえてパ・リーグTVの運営会社がネットカフェ向けの動画配信サービスとタッグを組んでこの業界に売り込んでたんだそうで…ここらへんの目の付け所が凄すぎる(驚)。まあ私自身は自宅で見れてるんでネットカフェで見ることはないと思うんだけど、出先でロッテ戦が見たいって時はこれは使えるなあ、としみじみおもった次第でした…。

以上です。

↑ま、うちの夫婦もiPhone5cなんでこれも使えるようにそろそろ新しいのに機種変したいんすけどね…。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク