【断腸亭日常】ロッテ投手陣、ルーキー佐々木もエース湧井も好投してるもんだから…。

スポンサーリンク

断腸亭日常です。

ロッテ佐々木上々初先発3回0封、ローテ生き残る(日刊スポーツ)

昨日の試合でしたが…やはりルーキーとは思えない(苦笑)

<オープン戦:中日0-1ロッテ>◇4日◇ナゴヤドーム

 上々の先発デビューだ。ロッテのドラフト1位、佐々木千隼投手(22=桜美林大)が実戦3試合目で初めて先発。中日打線を3回3安打無失点に抑えた。毎回走者は背負ったが、最速146キロの直球でファウルを稼ぎ、得意のシンカーでゴロを打たせた。「0で抑えたかった」という思いを果たし、表情は明るかった。

 取り組みが実を結びつつある。石垣島キャンプを終え、沖縄本島で練習した先月22日。キャッチボール中に英二投手コーチに聞かれた。「投げ始めで、真っすぐ立ってる?」。「はい」。「いや、体が前に突っ込んでるぞ」。感覚とのズレを気付かされた。もともと1球を大事にキャッチボールを行ってきたが、さらに丁寧になった。この日も「納得できる球は2、3球」と自己採点は辛いが、球質は良くなってきている。

 何より、貴重な経験を積んだ。内野安打をのぞく2安打は2ストライクから。「甘い球は打たれる。追い込んでからが課題です」と受け止めた。伊東監督は「(先発争いに)生き残った」。次は、12日DeNA戦で先発予定。開幕ローテ入りへ、1歩1歩、進む。

英二コーチ、いい指導してるなあ(笑)。でも誰を残すか更に頭を悩ませそう…。嬉しい悲鳴だけどw

スポンサーリンク

酒居投手もナイスリベンジ。

ロッテD2・酒居、3回1安打無失点で先発争い生き残る「死ぬ気でいった」(サンスポ)

一方、佐々木千隼と同じくルーキーながら、先日一足早くプロの洗礼を浴びてしまった酒居もナイスピッチでした。

(オープン戦、中日0-1ロッテ、4日、ナゴヤD)

ロッテのドラフト2位右腕、酒居(大阪ガス)が先発枠争いで踏ん張った。2番手で登板し、テンポの良い投球で3回1安打無失点。2月24日の広島との練習試合は先発し、3回を6失点と崩れただけに「死ぬ気でいった」と必死で腕を振った登板を振り返った。

 前回登板後、オープン戦が行われた那覇市で200球を超える投げ込みを敢行。投球フォームを固めて不安を振り払ったという。次回に向け「またがむしゃらに投げたい」と話した。

ということは、千隼→酒居のドラフト1-2位コンビで中日打線を6回4安打無失点に押さえ込んだ、ということに。ナイスリベンジ(笑)。ちなみに酒居は前回の試合は吉田とバッテリーを組んでましたが、今回は田村とバッテリーを組んでたようです。ここらへんのスタメン争いも…。

エース湧井も…。

ロッテ涌井、2回無失点 3年連続の開幕投手へ順調(スポニチ)

で、今日は遂にエースの湧井が登場。これまた上々な…。

3年連続の開幕投手に決定しているロッテの涌井秀章投手が5日、中日とのオープン戦に先発。実戦初登板は2回28球を投げ1安打無失点だった。

 初回、先頭の大島に初球直球を左前打されたが、1死二塁からゲレーロを外角直球で見逃し三振、ビシエドを二ゴロで切り抜けた。2回には1死から石岡に四球を与え二盗を許して得点圏に走者を背負ったが、遠藤と木下をいずれも中飛に打ち取った。

 「きょうは結果や内容よりも投げることを目標にやってきたので、ひとまず投げられてよかった。まだ1カ月弱あるのでそこ(開幕)は気にせず、でも信頼してもらっているのはうれしいことですし期待に応えたい」と3月31日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)のマウンドを見据えた。

 次回は11日DeNA戦(横浜)に先発予定。「もう少し長いイニングを投げると思うので精度や切れを求めていきたい」と話した。

なんつーか無難、というか、貫禄、というか。あとはスタンリッジと、WBCに選ばれてる五右衛門が気がかり…なんですけど、とりあえず五右衛門にはいつもの6割ぐらいの力でWBCをやっつけ仕事で頑張ってこいと(をい)

さて次節の浦和戦に向けてどうするか甲府。

【甲府】2試合連続“後半ロスタイムの悲劇”シュート2本と“弱気”露呈(スポーツ報知)

ま、「悲劇」とは言うけど、アホな失点は確実にしなくなってますしね…。

◆明治安田生命J1リーグ 第2節 甲府0―1鹿島(4日・山梨中銀スタジアム)

 甲府は、鹿島とのホーム開幕戦に0―1で敗れ、今季初勝利はならなかった。後半18分に鹿島のMFレオ・シルバ(31)に得点を許すと、同ロスタイムには、PKのチャンスが訪れたが、FWウイルソン(31)のシュートは、相手GKに阻まれた。前節のG大阪戦(2月26日、吹田S)でも、1―0の試合終了間際に同点弾を奪われており、2試合連続で“後半ロスタイムの悲劇”となった。

 悲鳴と歓声が入り交じった。0―1の後半ロスタイム。中央やや左に放たれたウイルソンのPKが相手GKに阻まれた。「コースは決めていたが、ボールがうまく当たらなかった。もう少し、GKが届かないところに蹴るつもりだった」。途中出場のMF道渕諒平(22)が獲得した絶好のチャンスだったが、決めきれず。1万3199人が訪れたホーム開幕戦で勝ち点を積み重ねることができなかった。

 昨季リーグ王者の鹿島相手にも、吉田達磨監督(42)が、「ひるむことなく立ち向かってくれた」と振り返ったように気持ちは見せた。ただ、肝心のシュートが打てず。公式記録では、チーム全体でウイルソンの2本のみ。そのうち1本はPKだった。

 後半18分には先制点を奪われた。「自信を持って、奪ったボールを放置しない姿勢は僕たちが戦っていく上でも必要」と指揮官。主将のDF山本英臣(36)も、「守備から入るチームとして、失点した後、ギアを上げるところで下がってしまうのが、ここ数年のヴァンフォーレ」。今季は、チームのスローガンでもある「進化」に挑んでいるが、攻撃面などで見える“弱気”について吉田監督は「習慣」と考えている。だからこそ、「下手じゃない。やれる」と改善できることも確信している。

 前節のG大阪戦でも1―0の後半ロスタイムにFKから失点し、勝ち点3を逃した。再び、後半ロスタイムに勝ち点を“失う”結果となり、山本は、「強いチームは、最後に追いついたり、先に点を取ったら(最後まで点を)失わない。それをひっくり返せるパワーを持たないといけない」と自分たちの課題を口にした。「次の試合につながっていくように上を見てやっていきたい」(山本)。次戦も強豪・浦和戦。新しい甲府へのチャレンジは続く。

吉田監督が「ギアが下がってしまう」ことを「習慣」と言っているのが「なるほどー」って感じですね。

ウイルソンのPKに関しては昨日も書いたとおり、鹿島のGKを褒めてあげたい、ということで。それと、明らかにボランチの兵働・小椋のおかげで怯むことが減ってきて多少、攻めの時間・バリエーションが増えたのはありがたい。あとはうーまく前線にボールをミス無く供給できるパサーみたいなのが出てくれば…ドゥドゥの復活・登場がある意味で楽しみですわ。

【甲府】吉田監督、10日の浦和戦へ「頭に描いたことが長く続くように」(スポーツ報知)

で、次節の浦和戦に向けて動き始めましたわ…。

J1甲府は5日、ホーム開幕戦の鹿島戦(0●1、中銀スタ)から一夜明け、山梨県内で練習を行った。鹿島戦の先発組はランニングなどでリカバリー。そのほかのメンバーはゲーム形式などのメニューをこなした。

 次節は10日に浦和とアウェー(埼玉)で対戦する。吉田達磨監督(42)は、「浦和はとんでもなく強いチーム」と警戒。「昨日の鹿島戦では出し尽くせなかったところもある。ボールには誰がいくとか、どこを見るとか、そういう基本に返れなくて失点した。選手たちも映像を見れば分かること。集中力を持続させ、頭に描いたことが長く続くようにしたい」と話した。

 2月26日のG大阪戦(吹田S)では、1―0の後半ロスタイムに失点し、引き分け。鹿島戦では同じく後半ロスタイムにFWウイルソン(31)がPKを失敗。鹿島戦の後半11分から途中出場したFW河本明人(26)は、「(開幕から)2試合とも後半ロスタイムに何かが起こった。そういうところを詰めていかないといけない。常に集中してやりたい」と改めて気を引き締めた。

たぶん私は例によって浦和対甲府戦はどっちも毎試合のように見てるんで(もともとは浦和をメインに応援してましたので)、当日はじーっと画面を見入ることになるんだろうなあ…。甲府から見ると浦和で怖いのは那須と武藤かなあと。(興梠)慎三サンも怖いんだけど、巧妙にマークを外して何をしてくるかがわかんないのはむしろ武藤選手の方がいやーな感じなんじゃないすかね。それとセットプレーの時の那須選手に何度もヤラレてる印象が。

ただ、逆に浦和もふとした瞬間に守備がゆるくなって失点もしてる印象もあるんで…たぶん河本的に(?)いえば「3試合連続で後半ロスタイムに何かが起きる」としたら、甲府が同点に追いついてドロー、みたいな予感がしなくもないっす。しかもここで「保坂の年イチ」が出たりとか(大汗)。

今昔をいろいろと考えてしまうな…。

カズ、マシューズ超え!最高齢出場もゴールお預け(日刊スポーツ)

50歳を過ぎても未だに元気ハツラツ。ただただ感服ですわ。

瀬古利彦氏、びわ湖低調に喝「張本さん何て言うか」(日刊スポーツ)

確かに他の競技に比べると、日本のマラソン男子は瀬古・宗兄弟・中山・谷口…の頃からレベルやタイム的にはあまり伸びてないんすよね。瀬古氏の自己記録が2時間8分27秒で、これは30年前のシカゴマラソンの記録だったそうですし。とはいえ、公務員ランナーの川内選手のように、短い間隔でフルマラソン、みたいな感じで走りまくるのがなかなかできない競技だけに。あと数年で2時間を切りそうな感じのアフリカ勢のランナーは、日頃どんなペースで練習してどんなペースで大会に出てるのかは気になりますね。

実は今日、NHKの中継を見てました(不思議なことに毎年のように家に居て昼飯時にテレビつけたりしたらやっていて偶然見ちゃうんですよね、この大会)。「いやあこのランナー、いい走りしてるなあ」と思ってた選手が3人共ペースメーカーだったと気づいた時の衝撃と来たら(爆)

その他

“バツ3”MALIA.「今までの2回とは違う」前向き離婚を強調(スポニチ)

「離婚は結婚の7倍は大変なんだぞー」と、「3月のライオン」で某棋士が主人公に吠えてましたが…この人と、高橋源一郎とビッグダディのオヤジと、石田純一の戸籍謄本はチャンスがあったら一度は見てみたいw

aikoの歌詞の怖さについて(真顔日記さん)

個人的には、aikoと桃井かおりだけは一人称を「あたし」のままで人生全うして欲しい(をい)

審査員のリンゴが語る「NHK上方漫才コンテスト」でのピン芸人優勝論争(デイリー)

「14年前の友近の時は論争起きなかったじゃん」のリンゴ師匠の一言でぐうの音も出ないよね、これ。

フジテレビ、アナ雪ノーカット放送のエンドロールを芸能人や素人の合唱に差し替え、番宣も → 批判殺到(痛いニュース)

ただ流すだけである程度の視聴率は取れそうなのに、そこにアホなことを…。「キングサーモン。フツーに焼いて食えばおいしいのに、そこに時間かけて変な調味料かけて台無しにする」水曜どうでしょうのシェフ大泉みたいな(以下略)。

 

以上です。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク