【千葉ロッテ】ルーキー佐々木千隼の「修正能力」に脱帽ですわ(笑)

スポンサーリンク




ロッテ佐々木、2回3K無安打デビュー修正力も披露(日刊スポーツ)

フツー、慌てて自分を見失っても仕方ないところを…やはり並のルーキーではないらしい。

粘った。ロッテのドラフト1位、佐々木千隼投手(22=桜美林大)が19日、紅白戦でプロ初実戦。白組(1軍)2番手で3回から登板した。死球と二盗に自らの暴投が重なり、2死三塁。左の根元を迎えた。実績のある好打者にも引かない。「内を攻めないとダメ」と、カウント2-2からこの日最速148キロを突っ込みファウル。最後はフルカウントから、外にシンカーを落とし、空を切らせた。

 持ち味を出したが、過程を反省した。「1イニング目は緊張して力みが出て、体重移動も速くなってしまいました」と表情を崩さずに言った。打者4人全て、3ボールまで行った。二盗はクイックのスキを突かれたもの。一方で、修正能力も発揮した。1死一塁で迎えた吉田は、最初は3球連続ボール。ここで、捕手の田村から「テンポが速くなっている。ゆっくり投げろ」と言われ、落ち着いた。一転、外に3球連続直球で見逃しストライクを奪った。イニングが変われば、さらに修正。4回はストライク先行で3者凡退だった。

 終わってみれば、2回無安打無失点で3奪三振。数字は上々も「空振りをあまり取れなかったし、際どいところもファウル。アマチュアと違う。1つ1つ球種の精度を上げないと、勝てる投手にはなれないと思います」と内容にこだわった。一貫しているのは、質を求める姿勢だ。キャンプ序盤はブルペンで思うような球が投げられず、キャッチボールから見直した。上向く、きっかけをつかんだ。

昨日の記事でルーキーの佐々木投手は同い年(でも高卒なんでプロとしては4年先輩)の田村捕手といつも話し込んでいるというのを紹介しましたが、ちゃんと的確なアドバイスをして、それがしっかり「活きている」んだなあ、と、ほとほと感心しましたわ。

スポンサーリンク

で、伊東監督からはこんな「宿題」(?)を…。

その日刊スポーツの記事には続きがありまして、

伊東監督からは「次は、左打者をシンカーとは違う球種で抑えろ」と宿題をもらった。23日からの沖縄本島4連戦で対外試合デビューの見込み。「もっともっと、良い投球ができるように」と誓った。課題があることが、むしろ前進のきっかけとなる。

いや、これまた「さすが」って感じですね。確かに必殺技(?)的な左打者にシンカーってのは通用しそうだけど、こればかりに頼るわけにもいかないし、と。他のボールでストライクをカウントしていって…というのも経験を積まないとね、と。

余談

不本意を本意に変える―ロッテ井口、代打の切り札として学ぶ“新しい野球”(Full-Count)

にしても井口は今年43歳になるとは思えないほど若々しい…。ひとつ年下の福浦と共にいつまでも若手に負けずに頑張って欲しいですわー。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク