捕手によるボーク…ってそんなルールあったのか?(;゚Д゚)

スポンサーリンク




まさかの“捕手ボーク”で阿波(徳島)がサヨナラ負け 「野球の怖さを感じた」(デイリー)

てか、「野球の怖さ」ってよりも「審判、よく野球知ってたな」の怖さを感じたわ(意味不明)

「高校野球・徳島大会1回戦、城東2-1阿波」(15日、オロナミンC球場)

 城東が九回サヨナラで阿波を下し、初戦を突破した。

 息詰まる投手戦は、思いもよらぬ形で幕切れを迎えた。

 1-1の九回裏、城東の攻撃。先頭の3番・中西雄大外野手(3年)が右中間二塁打で出塁すると、4番・武口哲也内野手(2年)の送りバントで1死三塁に。ここで、サヨナラの大ピンチを迎えた阿波の鳴川真一監督(41)は満塁策を選択し、次打者への敬遠をバッテリーに指示した。

 そしてエース・吉本健人投手(3年)が、5番・前野一輝内野手(2年)に投じた2球目に、岡田正幸球審がボークを宣告。三走・中西が生還となり、城東のサヨナラ勝ちが決まった。

 このボークは、阿波の吉本投手が投球動作に入った時点で、村田和至捕手(1年)の両足がキャッチャースボックスから出てていたために適用された。通称「キャッチャーボーク」と呼ばれるものだ。

 野球規則6・02「投手の反則行為」では、「故意四球が企図されたときに、投手がキャッチャースボックスの外にいる捕手に投球した場合」にボークとなると定められている。

 突然の結末に両チームの選手も応援団も何が起きたのか分からない様子だった。審判部から説明を受けた阿波の鳴川監督は「捕手はまだ1年生。私の指導不足のせいで悔しい思いをさせてしまった。野球の怖さを感じました」と話し、エース・吉本は「ボークと言われた瞬間、頭が真っ白になった。負けたのは悔しいです」と声を震わせていた。

つーか、少年野球から含めて30年以上、野球をやったり視たりしてるけど…、

初めて聞いたわ、捕手ボーク(爆)

スポンサーリンク

そうか、大外ししすぎてもいかんのか…。

野球漫画なんかで、例えば水島新司先生や七三太朗・川三番地両先生の作品でたまーにあるけど現実的にはなかなかお目にかかれないシーンで、

「ホームラン打ったけど、前の足が打席が出ていて無効でアウト」

みたいなのは漫画では何度か見たことありますけどね。実際には私自身は一度も見たことはないです。それとおんなじで、敬遠の際のキャッチャーの立ち位置なんかが野球規則に載ってたのも正直知りませんでしたし、そんなんでボークを取る審判もいるんだな、という点ではまあ驚きですよね。

それにしても実際の写真を見てみたいわ。「え、たかがそんだけの離れ方で?」なのか「あー、それはロコツすぎるわ」なのか。まあ確かにプロの審判よりかは、こういう高校野球の審判の方がアマチュアがゆえに「厳密に取る」審判もいるでしょうね。しかしこの場面でこれかよ、という切迫している9回裏のこの場面で取るとは…事前に警告とか注意とかすりゃいいのにとも思いつつも。

まあ逆にいえば「審判、冷静に淡々といい仕事してたね」と賞賛すべき場面なんでしょうけどね。現場で見てた人からすれば( ゚д゚)ポカーンでしたでしょうけど。いやあ負けた野球部の連中は練習もいいけど野球規則の読み直しもした方がいいかもな。

余談

ついでにwikipediaでも調べてみようかなあと思って、ボークの項目を調べたら、

ボークとなる場合

ボークとなる場合は公認野球規則6.02(a)項で定められており、全部で13項目が挙げられている。以下に挙げる項目の冒頭にある文字(1)〜(13)は、公認野球規則の項目に対応するものである。

と、つらつらと様々なケースを説明してる中で、一番最後に、

ボールの扱いに関する動作

(12)故意四球において、キャッチャーズボックスに両足が入っていない捕手に投球した。
「故意四球が企図されたときに限って、ボールが投手の手を離れないうちに捕手が片足でもボックスの外に出しておれば」ボークとなることが、日本の公認野球規則では【注】を設けて明記している。しかし、日本プロ野球では本項に違反しているプレイが行われているにもかかわらずボークが宣告されないことが多く、事実上黙認されている。

とまあ説明がなされてました。プロだと「事実上黙認」されてて、アマチュアだと「ボークと取る審判もいる」ってことなんでしょうね。それがよりによって9回裏の試合の最終局面で、しかもこれが最終決着場面というなんとも言えない次第に(大汗)。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク