40歳のダメ息子、親に「お金の無心」をしすぎて逮捕さる(爆)。

スポンサーリンク




金の無心2千万円超 父親「我慢の限界」 容疑で40歳男逮捕(神戸新聞)

一昔前だったら家から追い出されて「勘当」されてオシマイ…だったのにね。まあ10年間で2千万円は異常だわ。

嫌がる父親(72)の元へ再三、金の無心に行ったとして、兵庫県警伊丹署は3日、兵庫県迷惑防止条例違反の疑いで、住所不定、無職の男(40)を逮捕した。父親が「我慢の限界」と被害届を提出。同署の調べに父親は「食費や交通費名目でこれまでに2千万円以上を渡していた」と説明している。

 逮捕容疑は6月25日~7月2日、伊丹市の父親宅に毎日押しかけ、2千円~5千円の金を要求するなどの「嫌がらせ行為」を繰り返した疑い。同署の調べに容疑を認めているという。

 同署によると、男は2人兄弟の次男で、高校卒業後は定職に就かず、アルバイトを転々としながら、20歳のころ実家を出て上京。30歳を前に関西に戻ってきたものの、何度も実家に帰ってきては「金がない」「仕事が決まった。これが最後」などと父親に懇願して食費や交通費を要求していたという。

 今年4月になって、父親が同署に相談。署員が直接、男に注意したところ、「もう父親のところには行かない」と誓ったが、その後も再三実家を訪れ、金の無心を続けたため、7月2日に父親が被害届を提出した。逮捕時、男は所持金10円しか持っていなかった。

たぶん貰ったカネは即、パチンコとか競輪とかに流れてたんだろうな…バカだな、この息子。

スポンサーリンク

警察に逮捕されて本当に「これが最後」になるのかな?(汗)

で、アホなのは4月に父親が警察に相談→注意されて、「もう行かない」って誓ってから、

8日間、毎日父親宅に押しかけてカネの無心

ってのがひどいね、これ。たぶんドア叩いたり家の周りで怒鳴りつけたり下手すりゃ電話しまくったりしてご近所迷惑にもなってたんだろうなあ。そりゃ父親からすれば「嫌がらせ」以外の何物でもない。

たぶんこの馬鹿息子、警察に逮捕されてしばらく留置はされるだろうけど、またシャバに出てきたら「やらかす」と思うよ。下手すると警察署を出たその足で実家にゴー、かもしれないし。だって所持金10円でしょう? ひどい場合は「実家→逮捕されて警察→釈放されて実家→逮捕されて警察→」の無限ループになるかもしれんし。いやいや、そんな気力体力あるなら今時、日雇いや住み込みの仕事なんか幾らでもあるんだから働けバカヤロウ(泣)。

にしても総額2千万円か…どこに消えたんだろう。さすがに40過ぎたバカ息子の「扶養義務+お小遣い」なんかを年老いた親に求めるアホウはこの世間にはいない、よな?(皮肉)。

手始めに自宅が警備会社と契約するしかないかな?

とりあえず警察も毎度毎度は相手してくれなさそうだから、例えばセコムみたいな警備会社と契約して、このバカ息子が家の敷地内に入ったら

屈強な警備員が「実力行使で」叩き出す

ぐらいのことをやらないとたぶん死んでも懲りないでしょう。そこまで扶養義務はない。せいぜい野垂れ死ね。

↑寅さんだって的屋で自活して実家では500円しか貰ってなかったのに…。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク